菜園マナビ

菜園を学び体験談や園芸資材の紹介などするブログ

カーネーションが枯れかけているので復活を試みる~その2

先日のカーネーション 色々な処置をして様子を見ていく予定でしたが、予定変更して 挿し木をして育てていく方法に軌道修正する事にしました。

きっかけは挿し木をして育てていく記事を見た。また株も増やせると言う事が書かれていたので挑戦しようと思いました。

この判断が正しいかわかりませんが、早速作業を始める事にします。 

 

 

 

 

f:id:yoshiki730:20220412142537j:plain

 

挿し木に変更しようと思った理由

①茎がほぼ枯れているのが気になる。

②これ以上新しい芽が出てこないような感じがした。

③成功すれば株を増やせる。

④カーネーションは挿し木で増やせるという事例がある。

 

挿し木が成功すれば、株を増やせるというのが嬉しい。

これが最大の理由です。

 

挿し木方法を確認する

色々調べているとカーネーションを挿し木をして育てる方法がありました。

こちらの方が助かる確率が高いし株も増やせると思うようになってきました。

しかし、根付かなくて失敗したらこれで終わり・・。

このままの状態で育てていった方がいいのではないか?どうする?

挿し木なんてもちろん未経験、当然やった事はありません。

しかし根っこさえ生きていれば再生する可能性はかなり高い。

迷っているより行動した方が良さそうです。 

色々悩んだ結果、挿し木の方が助かる可能性が高いと判断しました。もちろん自己責任での判断です。

 

即実行することにする

カーネーションの挿し木は 5月~7月・9月が良いらしい。

本日 4月12日 少し早いけと 暖かい日が続いているし、5月になるのを待っていても仕方がない。早速行動に移す事にします。

 

 

f:id:yoshiki730:20220412142006j:plain

 

主茎から伸びている元気な茎を約10〜15cmのところで切り取るの作業があるのですが、これがかなり勇気いります。本来なら小さなポットに移植した方が管理上楽かもしれませんが、小さなポットがないのでこのようにしました。

手順をよく読み、試行錯誤しながら慎重に作業をして終了。

 

作業を終えてから少し・・いやかなり不安感が戻ってきた。これ大丈夫か?・・。

もう引き返せない。でも根っこさえ生きていれば再生する。前向きに考える事にした。

後はカーネーションの生命力を信じ、成功した時の事だけ想像するようにしよう。

 

追 記

 

f:id:yoshiki730:20220414105412j:plain

 

これは昨年の6月20日に撮影した写真。

 

5月に切り戻した後の写真です。花も蕾も沢山付けています。

これが 変わり果てた姿になってしまった。ごめんなさい・・。

ここまで再現できるかわかりませんが、出来る限りの事はします。

引き続き経過観察をしていきます。

 

 

フラワースタンド 3段 幅80 屋外 木製 おしゃれ プランタースタンド フラワーラック ガーデニング 棚 ベンチ 北欧 シンプル 庭 ベランダ テラス 屋内 2wayフラワースタンド BLUME(ブルーム) 3段タイプ

価格:7,097円
(2022/4/26 20:50時点)
感想(2件)